2014/10/28

浦戸帆走  
艪を舵として使う時にハズレて流されないようにショックコードで
船体に留める小細工をして帆走実験をしました。
今日は航路に白波が立つ、北の強風です。
ヨットハーバー内もブローが入り、だんだん風が上がってきます。

結論から言うと、3.2uのセールなら7〜8mの風でも
浦戸は安定していて、十分帆走可能でした。
ただセンターボードが無いので、舳先は風に対して60度位で
走らせましたが横流れが大きく、風上には上れず
アビームで行ったり来たり。千石船の帆走と同じ位の上りです。
ただ艪の推進力でタックが出来るので、順風なら多少上れるかも
しれません。帆走で遊ぶにはリーボードが必要です。

風が強まってきたので帆を巻いて、巨大艪での艪走に切り替えました。
艪脚4m、艪間1.75mのヒノキの大きい艪は
推進力が大きく強風を物ともしないスピードと操作性がありました。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ