2015/4/16

ガラステープ  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クギの頭穴に詰めた埋木をカットしてノミで整えています。
節穴は3箇所埋木して補修しました。
この後コーキングのはみ出た分はサンデイングして除き
全体を綺麗に掃除しました。

積層用のエポキシ樹脂にサンデイングで出た木の粉を混ぜて
パテを作り、節の凹みや埋木の隙間を埋めました。
次に幅5cmほどのガラスクロステープを板の矧ぎ合わせに
沿って並べてエポキシ樹脂で積層しました。

現代版まきなわ ですが、船体が湿っていると
エポキシが硬化しないので、木部を乾燥させてからでないと
作業が出来ません。

エポキシは木等への密着力が強く、固まると防水性が高く
船の補修などには最適なのですが
硬すぎてノミやカンナの刃が欠けるので
仕上げはサンデイングしないといけません。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ