2016/2/14

発見された千石船模型  
クリックすると元のサイズで表示します
大阪市が菱垣廻船浪速丸を日立造船で建造していた1998年
建造の練習に三分の一模型を作りました。
写真のように上ダナまで出来ています。
総監督だった野本先生に
『1/3模型なら浮かべて帆走出来るでしょうか』と
お尋ねしたら『大丈夫』というお答えでした。

この模型がどこにあるのかは浪速丸プロジェクトの
関係者にお尋ねしても 分からない状態でした。
高見さんとも『どこにあるのでしょう?』と
メールのやり取りをしていましたが、
発見して上部構造を仕上げ、帆を立てて活用されていて
大感激です。

本当は、払い下げてもらって私が乗るように改造したいなどと
夢見ていた船なのです。
1

2016/2/14  15:27

投稿者:半杭正幸
天狗様も関係していたのですね。イベント用に活躍の場が有ってよかったです。私の現住してる茨城県常総市(昨年水害が有った)は、水運の町として繁栄しましたが、現状はシャッター通りと化しました。市では活性化を目指して「水運の町の再生」を考えているようです。ヒントに成りました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ