2016/3/27

二枚水押船  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
二枚水押とは、初めて聞いた和船の船首構造名で
図面の船首部分に書き込まれているように
中央船体とは不連続な板を左右二枚合わせて
尖った三角形の船首を形作る方法を呼ぶようです。

「歴史と民俗」32号に瀬戸内海歴史民俗資料館の
織野英史氏の論文「二枚水押船」が載っています。
奥村ボートで見た修理中の坂越の神輿船の詳しい解説も
論文の中にあります。
船の下でカメラを構えているのが織野さんです。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ