2017/2/24

トオリ釘打ちました。  
クリックすると元のサイズで表示します
代わり映えのしないカジキ作業の写真ですが
三枚の仮フレームの間のトオリ釘が打たれています。
下から蛍光灯で照らして隙間を見ながら、
開けた隙間にタイトボンドVという接着剤をヘラで塗り
釘を打って行きました。

先に釘打ちをした左舷側は完璧でしたが
右舷側は釘を数本打った時点で
カジキ板の微妙なズレに気が付きました。
最初の位置決めの木ネジをインパクトドライバーで
締めた時に2mmほど板が下に下がったのが
原因かと思います。
ズレが分った時点では もう釘を何本も打っているので
その後は板の位置を多少修正しながら釘を打ちました

ズレに気が付いた時点で どっと疲れを感じました。
新米船大工は 大変です。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ