2017/3/21

舟釘入手  
クリックすると元のサイズで表示します
野見湾に面した須崎市大谷で舟釘専門の鍛冶屋をしていた
藤田基義さんの仕事場を解体してしまうと
娘さんから電話を頂いたので、訪問して
残っていた釘を頂いてきました。

ダグラスさんが瀬戸芸術祭、高松で伝馬舟を建造した時には
お父さんの釘を使ったので、一緒に見に行きました。
須崎工業高校造船科をはじめ、あちこちで和船の建造が
始まっている話をすると大変喜んでくれました。

波静かな湾内には数十年前には船大工さんが7軒あったそうです。
舟釘専門で生活が成り立ち、家族が養えていたわけです。
舟釘は宇佐や他の地域の船大工さんにも出荷していたので
娘さんは宇佐の山中船大工の所へ集金に行った記憶があるそうです。

1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ