2017/3/31

山中船大工の指導  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
山中船大工に建造中の舟を見てもらい、
タナ板の取り付けトオリ釘の打ち方を習っているところです。
カワラ板の矧ぎは ほめられましたが
カジキとカワラの取り付け、摺り合せに関しては
鋭い指摘でダメ出しをされました。
ミオシは本格の建造方式とは違うので
格好が悪いと 言われてしまいました。

まだまだ十分 和船建造の指導はしていただけます。
舟クギの在庫を見せて、残りの8分の板も見せたので
舟造りの材料はあるのは分っていただけました。
だんだん舟を造りたくなるように お誘いしています。

カワラ板は柳原船大工の作業場に仕上がったカワラ板が
あるのを知っていたので、夕方柳原船大工の息子さんに
お会いして、まだ在るか お聞きしたら
邪魔になるので切って燃やしたそうです。 残念でした。

干洲堀の舟溜りの木造船を案内すると
山中さんが建造したディーゼルエンジンの乗った木造漁船が
残っていて写真を撮りました。
30年ほど前で 最後の木造船建造の仕事になるようです。
設計も山中さんです。船型はエンジン船用に変わっていますし
船体構造もエンジンの振動に耐えられるように補強が
入っています。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ