2017/3/31

タナ板仮合わせ  
クリックすると元のサイズで表示します
タナ板の取り付け方法は「大田区の船大工」通りでした。
トオリ釘の打ち方、頭穴の位置を山中船大工から習ったので
午後はカジキのタナドオリ面を削りだし
トオリクギの先穴の位置をカジキに描き
タナ板を借り合わせしてみました。

カジキのようなキツイ曲がり、捻れは無く
水をスプレーしながら曲げていけばアイロン加熱は不要です。
ほぼ密着させてカジキ板の上辺をタナ板に描き
タナ板上辺も余裕を見て印をしました。

船体から外して写真のように置いて
小さい釘でバテンを固定してタナ板の上辺、下辺を描きました。
下辺は船体に合わせたラインよりタナドオリ面分30mm下です。
真っ直ぐな木取りで、ほぼ中央の赤身で取れそうです。
次回作業はタナ板をジグソーで切り出し、左板も同じ作業です。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ