2020/5/15

初夏の浦戸湾  
清々しい初夏の高気圧におおわれて南東サーマルの心地よい風が
浦戸湾に吹いていました。帆走和船天狗を出して浦戸湾を
一周してきました。
木造和船でハイカラ釣り、貸し船屋さんの舟も木造です。
浦戸湾の北部にある玉島を廻ってきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2

2020/10/12  13:10

投稿者:balla
後進漕ぎは艪腕が押し下げられるので比有効面積の小さめの艪のほうが漕ぎやすいです。比有効面積が0.1〜0.15uなら腕の力で無理なく後進漕ぎができるでしょう。
天狗丸は小さめで重くないと思うので前進漕ぎも長くて重い艪でなくても小さめの艪でピッチを20〜30くらいにして十分に漕げると思います。
比有効面積の大きな艪やどうしてもハヤオにこだわる人はハヤオ取り付け位置にヤグラかトリイを立てて逆ハヤオにして艪腕が押し下げられないようにするといいかなと思います。
後進漕ぎのもうひとつの方法は、ブレードを垂直に立てられるように艪グイ艪ベソを工夫します。ブレードを立てて水面近くまでもっていき艪を返してブレードを水平にして艪腕を持ち上げるを繰り返すと後進漕ぎになります。ブレード向きを調整すれば方向も自在です。
ブレードが垂直に立てられれば舵にもなります。またオールのように操作すればその場旋回も可能です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ