2021/12/17

通り釘  
20cm間隔で通り釘を打っていますが、節の近くは釘が曲がってしまい
カワラ板の表面から出て来てしまいますので、少しズラして打っています。

摺り合わせノコでのカワラとカジキの曲面の摺り合わせは難しくて
とても水密な接触面は作れません。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ