2007/6/27

天愚参 建造記 6  
01559/01559 HFB01114 天狗 天愚参 新年初乗り
(14) 97/01/02 22:46

あけまして おめでとうございます。
今日2日は元旦とは うってかわって 北西の強風の一日でしたね。

いままでと違う強風での 走りに多少の不安を 感じつつ出港。
今日のパートナーは英国から来ている女のお医者さんルイーズ。
21フィートのクルーザーも一緒にセーリング。
湾の西奥のフローティングレストランまでランチを食べに出かけました。
海面がホワイトホースで 一杯になるブローが数分吹くと
ぱったり風が落ちたり、まわりを山で囲まれているのでガスティー。
ウインドサーフィンが 完プレしている。
あまりのブローにシートを ゆるめて だましだまし乗っていた。
西へ上って行きたいのだが、ブローが来るとアビームくらいしか走れない。
風が少し落ちた合間にクローズで西への距離を稼ぐ。

船の安定性には問題なし。ただ 心配していたマストステップが ジャイブを
した後 風が入ったパワーで変形したので、ロープで 応急処置をして走る。
設計から考えなおす必要あり。

食事の後、帰りに快調に飛ばしていて座礁。
知らない岩の 浅瀬にリーボードとラダーがヒット。
リーボードを固定していたロープが切れ、リーボードが使えなくなる。
一つ岬を越えれば後は追っ手の風だったので、二人でパドリング。
寒い日であったのに、暖かく過ごせました。ハードワーク。
無風の時は楽勝のパドリングが、風と少しの波が出ると きつい きつい。
シーカヤックで荒れて来ると 大変なのが よくわかります。

最後は白波いっぱいのブローを真追っ手に受けての快走。
実に爽快、ワオーという声がルイーズから 上がっていた。

あちこち 壊れましたが、船自体には 大きな問題は無く。
次の大きな面積のセールにする 自信が付きました。

明日は ディンギーとウインドサーフィンで 遊ぶ予定。
皆さん 海で遊んでいますか。
芝藤 敏彦




01560/01561 HFB01114 天狗 天愚参 トライマラン修理
(14) 97/01/04 17:31

2日の強風での迫力あるセーリングで あちこち傷んだ天愚参を
どう修理しようか 考えています。

基本的に船の安定性、高速での船体の強度は問題無いのです。
フロートとビームの固定とか、舵のコントロールラインの摩擦とか
(船が長いのでティラーを使わず、ロープで舵を操作)
座礁して壊したリーボード など
、後 一人で水に降ろせるように船台を 良いものに しなければ、
(今は船体を組み立てた時のモールドの中央部分にキャスターを
付けて船を乗せていますが、モールドは それほど太い木で作ってないので
壊れかけています。)

最大の問題はマストの固定です。船底とデッキ面の二ヶ所で固定しています。
アルミデッキに穴を明けた所は丈夫なのですが、船底でのマストの固定が
不十分でした。もう一枚小さなバルクヘッドを追加してマストを挟んで
固定しましょう。

マスト支持の強度に不安が無くなれば、セール面積を大きくします。
ただひろさんの作られたウインドサーフィンのセールを立てるリグを
そのまま お借りしたいと思います。
しばらく使わない様な時に一週間程 貸してください。
天愚参にセットしてみて、うまく使えそうなら同じ物を自作します。
アルミパイプの余りが あれば 譲ってください。使われているアルミパイプの外径は いくらでしょうか。

シーホッパーと同じサイズのウインドのセール 7.5平米を上げて
3月のスプリングカップに出場したいのです。
リーフ出来ないのが欠点ですが、美しいセールカーブが魅力です。
クリックすると元のサイズで表示します
ウインドサーフィンのセールの美しさに惹かれて
ヨットにセットしてみるのは ヤマハもやってましたが
実際使ってみると ダメでした。
ブーム位置が高いのでセールを十分に引き込めないから
上り性能が悪くなります.

クラブクローリグも 追っては 良くても
上りは 悪かったですね.

マルコニーリグ(普通のヨット、スループ)が
一番 効率良く ハンドリングも楽でしょう。
ジャンクリグが それに続くのでしょう。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ