2008/1/29

分解できる櫓   
谷さんから頂いたコメントです。

分解可能な櫓は、すごい! 高松令三商店は、広島県呉市にあり、今でもかなりな量の櫓やオールを生産しているそうです。オールは、主にカッター訓練用だそうです。分解できる櫓には大いに興味が湧いています。特殊な金具が高価なため思っていたより高価でした。クルーザーヨットでは、分解式櫓はかさばらず、船内に収納も出来、風が無くなった場合の補助動力として最適なのではないでしょうか。


長い櫓はデッキで邪魔になるのではないかと思っていましたが
分解式櫓なら 良さそうですね.
私の所にはお店からの連絡が無いのですが
ちなみに 分解櫓のお値段は いくらですか。

今年に入ってからは クルーザーの航海計画や、大きなホールでフルートを吹いたり
山のお寺の周りの遊歩道を作る計画などで 和船が お留守になって申し訳ない。
まあ いつも いつも 和船ばっかりで 過ごしているわけでもないので 
ちょっと のんびり というところです。
今日は 確定申告の計算で 大変です.


0

2008/2/1  8:09

投稿者:谷 義弘
高松商店には、分解できる櫓の在庫が一式あるということでした。おそらく完成度、品質の優れたものだと思います。ただ、試行錯誤を重ねれば一定の性能を出すことはできるのではと思います。また、その過程は十分に楽しくなることと思います。小型のヨット、クルーザー、モーターボートと和船に限らず試してみれば、色々なタイプの櫓が誕生するかもしれませんね。

2008/1/31  18:06

投稿者:天狗芝藤
普通の櫓で13万円くらいですか。
イチイカシを何年も乾燥させてから削って作り上げる手間を
考えれば、それ位の値段にしないと 採算が合わないでしょうね。

昨年 高知で松下さんが買って帰られた櫓は大特価という
ことに なりますね。
高知の値段は ずっと昔の値段 そのまま なのでしょう。

分解する事に関しては、もともと 櫓下と腕の二つを
繋いで作りあげた物ですから
ボルト2本で固定して 取り外し式にすれば 
良さそうです.

須崎の櫓屋に残っている櫓下を買ってきて
腕を桧を削って作って、ボルトで分解可能な形式に
繋いでみても 面白そうです.

2008/1/30  8:11

投稿者:谷 義弘
分解できる櫓については大いに興味がありましたので、メール回答いただいた後直接高松さんに電話いたしました。金具が高価なため16万円ということでした。一般の櫓は長さにもよりますが13〜14万円とのこと。材質は最も適しているイチイガシを使用しているそうです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ