2008/5/9

ニ瓦船  
たまには 和船に関する事も書かないとお叱りを受けそうです.

ろかいの会26号に載っている味岡さんのニ瓦船 (ふたつかわら)に関する記事を
面白く読みました.平家物語に登場する ニ瓦三棟船(ふたつがわらみつむねせん)に
関する考察です。

ニ瓦船とは瓦(かわら)が 二つある船です.
カワラとは和船では船底部分の材の呼び名です。横の板をタナと呼びます.
丸木船、刳り船の場合にも底部を指す言葉だと思います.
丸木舟の進化した準構造船は 丸木舟の上にタナを左右に付けて
深さを増しています.

二つの瓦を前後に接合させたか、左右に並べたのかが謎として残っています.

左右に並べ 木の棒を渡して結びつけたら カタマラン 片間男船になり
常識的な 十分使える舟が作れます.
全長の長い船が欲しい時には 長い木を切ってくれば 良いと思います.
昔は良い材料、良い木が入手可能だったと思います.
私は この説を好みます.

瓦を前後に接合するのは造船屋としては避けたい船の作り方です.
波の中で船に掛かる荷重は、船体中央が波の山に乗るか
波の谷に入った場合に 船体中央部に最大の曲げ応力が掛かります.
40年ほど昔日本で作った大型タンカー ボリビア丸などが野島崎沖で
真っ二つになった事故を ご存知の方も あるかと思います.
事故原因は船体中央部分の強度不足、溶接技術や船体に使われた鋼の
強度不足だったのです。公表は されなかったかもしれませんが 
調査をした教授が造船科の学生には話してくれました。
その後 そんな事故は 起きていません.

船体中央で前後 二つの丸木舟を接合しても 海での使用に耐えられる
強い船は作れないと思います.
竜骨 キール部分を前後 2材にして 船を作る人は いないでしょう。
0

2008/5/14  11:45

投稿者:天狗芝藤
コメントありがとうございます。
ろかいの会のホームページが出来たのですから
会報の郵送はインターネットの見られない方だけにして
同じ内容をホームページ上に掲載されて
どなたでも見られるようにされたら 如何でしょう。
例会の案内や出欠などもメールのやり取りにすると
事務局の負担は軽減されると 思われます.
20名の集まりでなく 2000名位の会員を
目指してください。

2008/5/12  6:05

投稿者:?
(2信)二重丸を描くとき,大きい丸と小さい丸のどちらを先に書くかということに例えれば,1信は大きい丸,2信は小さい丸です。
私の記事「二瓦」を取り上げていただき,またボリビア丸の海難を教えていただいたお礼です。刳り船の前後継ぎの方法に誰も疑問を呈しないのが「受容される文化」だったのでしょうか。
大野さん(会員)は「最後、鼬川の正体のくだりには笑いました。近時のODE、幕末徳川海軍の海難多発、使いにくい艪が残る・・などと通底しています」
これにボリビア丸の例が加わったわけです。
こういうことがある度に(伝統艪の見直しが始まるとか)「ろかいの会」をやって良かったと思います。

2008/5/12  2:54

投稿者:ヘミング味岡
芝藤さま。折に触れ「ろかいの会」の宣伝に努められていること,感謝しております。先日は谷義弘さんが入会されました。いまの会の運営のしかたでは,会員20人が限度ですので,そろそろ入会制限をしたいくらい,などと言うと「じゃ私,抜ける」という人が出てきはしまいか心配なので,これは内緒の話です。江ノ島での総会でも,ひそひそと討論してみましょう。お礼まで。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ