2006/5/25

船体木部保護塗料  
弘光師匠は塗装は船大工の仕事ではないと言います。
当然ペンキ類の知識はありません。
塗料店に勤めている高校の先輩に情報を頂き
船関係の友達に尋ねましたが
外気に曝される木部を木目を生かしたまま守る
決定的な物は無いようです。
ニスやペンキの膜を張るものは後のメンテが大変です。

ユーロオイルクリアー屋内用(屋内用の表示はあるけれど
外部使用に耐えるそうです。有毒でないという意味でしょうか)
アマニ油を主原料とした天然素材で出来ており
有機溶剤(トルエン、ホルムアルデヒド)を含みません。
防腐効果だけを見ると もっと強力な塗料が あるのですが
人が接触することを考えると ユーロオイルだろうと考えています。

塗装すると水をはじきます。重ね塗りが出来るので
補修が容易です。塗ってから しばらく浸透させて乾燥させて
最後にカラ拭きすると 塗る前の感触に戻るそうです。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ