2008/11/20

早緒は30度  
急に寒くなりましたが 頑張って朝5時に起きて 禅寺で座禅を一時間。
脳内セラトニンのレベルを上げてから 朝食後和船を漕ぎに行きました.

ヨットハーバーから西へ航路を横切ってから 満ちてくる潮に逆らって
よさこい節にも出てくる御畳瀬 みませ 漁港まで 。
港内を櫓で行くと 漁師さんが物珍しそうに 見てくれます.
1時間半位で ヨットハーバーへ帰り
早緒を没入角 35度の立ち漕ぎ用に変えて練習してみましたが
難しくて 安定しません。
早緒をピンと張った状態を維持出来ず苦労していましたら
岸から声が掛かり、 子供の頃から櫓を漕いでいるという漁師さんが
『櫓の漕ぎ方を教えちゃる』と親切なお言葉。
早速乗って頂いて 早緒の長さの調節 30度位が 良いということに
なりました。実際に漕いでもらうと 私とは全然パワーが違います.
『ニ馬力の船外機には負けない位のスピードで漕いだ』そうです。
人間の馬力は 1.5馬力だそうですから、本当に 昔の2馬力の
船外機よりも速かったのでしょう。納得のいく漕ぎ方でした。
筋肉が違う感じです.櫓漕ぎは筋トレとしては 最高です。
ヨット乗りは風を使って、自分の筋肉は 使わないので
櫓を付けて 無風の時には 漕ぐようにしたら
健康には 良いのかも しれません。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ