2006/7/26

木を買う  
このブログのはじめの方で 原木市場に行き木を買う話を書きました。

カワラ、カジキ、タナなど船体主要部を作る木材は長さ21尺
元玉でウラで1尺2寸の太い杉を一本買って指定した厚みに
板に挽いて運んできてもらいました。

製材所で丸太を挽いただけの状態をズブ板と呼びます。
船の場合 家の建築と違って直線の板よりも
少し曲がり広がりのある部材の方が使いやすいので
ズブ板を造船所の外で何ヶ月か乾燥させてから
必要な部材寸法に切ったり削ったりして船に使います。

ズブ板で買う場合、木、丸太を見る目が 無いと
節が多くて使い物にならなかったりという欠陥が あっても
買った人の責任になるので、木自体の価格は大変安くなります。
春に買った丸太は板にすると 節も無くウワダナがゆっくり取れる幅が
ある良い物でした。

今回は ハリやコベリに使う木材を買いに造船所近くの白洋産業という
製材所に行きました。
檜の2メートルと4メートルの丸太を買いました。
2メートルの木は55ミリの厚みに挽いて ハリに使います。
4メートルの木は船べりの一番上の部分 コベリやセキダイを組み立てる
長材として使います。

製材所へ丸太を持ち込んだ場合、いわゆる賃挽きの料金は
1時間の作業が12000円から15000円が相場だそうです。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ